インターネットで医薬品を購入しても大丈夫?

目次

インターネットでは現在さまざまなものが販売されており、海外の医薬品でも個人輸入代行サービスを利用する事によって個人でも手に入れる事が容易となりました。
個人で医薬品を海外から輸入するとなると外国語の注文や輸入の手続き、商品が届かないといったトラブルが起こった際の海外業者の対応など大きな壁がありますが。
個人輸入代行業者はこれらの面倒な手続きを変わりに行なってくれるのです。
個人輸入される医薬品の多くは日本で販売されていないものです。
気になるのはそういった医薬品を購入しても大丈夫なのかという点ですが、日本では認可されていなくとも海外では試験を通ってその国の人に利用されています。
もちろん医薬品であるので服用には注意が必要ですが、それは国内で販売されているものでも同様であり、正しい用途で用いていれば多くの場合問題はありません。
個人輸入をするという事自体に関しては、自分自身が利用する場合に限れば問題なく利用する事が出来ます。
ただし個人輸入をした医薬品を販売したり譲渡する事は禁止されているのでその点に関しては注意しておきましょう。
国内で販売されている医薬品は高く、生活を圧迫する場合もあります。
海外では値段が安く効果もほぼ同等であるジェネリック医薬品も多く販売されており、それらを輸入する事で安く利用する事が出来るようになります。
ただ個人輸入代行など、通販で医薬品を購入する際には気をつけておきたい点があります。
それは偽造品の存在です。海外では偽薬と呼ばれる本来の成分をほとんど、あるいは全く含んでいないものが多く出回っています。
きちんとしたルートを辿らないとそういったものが紛れ込んでしまう可能性があるのです。
有効な成分がなく、病気などの症状に効果がないばかりか、場合によっては人体に害を及ぼす危険な成分が含まれている可能性もあります。
そういった事も踏まえた上で、正規の医薬品が購入出来る所に輸入代行を依頼する必要があります。

おすすめの個人輸入代行業者を2つ紹介

個人輸入代行業者を選ぶ際には重要な点が幾つかあります。
それらを踏まえておかないとさまざまなリスクやトラブルに遭遇する可能性が高くなるので、信頼のおける業者に依頼するようにしましょう。
まずは実績です。長い間営業をしていて多くの輸入代行を手掛けている業者というのはそれだけ多くの顧客がいるという事になります。
信頼があるのでリピーターが多いというのも特徴です。
もちろん実績も重要ですが、利用者の評判というのも気になる所です。
ネットにはこういった個人輸入代行業者に対する口コミが多く載せられているので、口コミで評価が高い業者を選ぶというのも1つの手段です。
たくさんある業者の中で実績もあり口コミの評判も高い業者を2つほど紹介します。
まずはあんしん通販薬局です。業界内でも大手で多くの利用者から信頼されています。
顧客対応や商品のラインナップなどあらゆる面で優れており、どこに頼もうか迷っているという場合にはまずはあんしん通販薬局に依頼すれば間違いないでしょう。
もう1つのおすすめはネット総合病院です。
こちらも多くのユーザーから利用されている人気の業者です。特に細やかでお得なサービスの提供に定評があります。
欲しい医薬品の用途から選ぶ事ができ、自分がどのような症状で悩んでいるかによって適切なものを選ぶ事が可能です。
ネット総合病院でも口コミは充実しているので購入の際には参考となります。
通販で医薬品を購入するので、きちんとしたものを届けて貰える様、業者選びは慎重に行ないましょう。
くれぐれも危険な成分が含まれた偽造品などを掴まされないようにしたい所です。
業者の口コミは必ず参考にして安いからといって怪しいと思うような業者を利用しないようにしましょう。