不感症の女性は「女性用バイアグラ」を使いましょう

目次

ED治療薬として有名なバイアグラは、男性のための薬です。
とはいえ、男性同様に社会で働き仕事に育児に人間関係にとストレスを抱える女性たちだって不感症に悩む方も多くいるのです。
そういった方におすすめなのが女性用バイアグラです。
ラブグラなどが有名ですが、バイアグラと同じ有効成分・シルデナフィルが女性器周辺の血管を拡張して血流を促してくれるのです。
女性用バイアグラを利用したからといってムラムラするような効果はありませんが、血流促進作用から濡れやすくなったり感じやすくなるはずです。
性的興奮を発生させることはできませんが、性的興奮を高める効果はあるため、パートナーとのセックスで濡れにくくなったというときには試してみましょう。
同じ有効成分を持つ薬だからといってバイアグラを服用するのはやめましょう。
こちらはあくまで男性向けに作られたものです。
身体の機能も体格にも違いがあるため効果が出るどころか副作用が強く出る危険性があるのです。
一方、女性用バイアグラを男性が服用するのもダメです。
女性用バイアグラに含まれるシルデナフィルは医師の処方が必要とされるため、薬局やドラッグストアで手に入れることはできません。
それに、女性用バイアグラ自体が日本の法律では認可されていない薬のため、病院で処方してもらうこともできず手に入れるためには個人輸入代行業者を通じて海外から取寄せるしかありません。
自身のために購入した以上は、面白半分にパートナーに服用させるのは危険なことなのです。
転売も禁止されています。
媚薬のようなイメージで手に入れているのであれば効果が実感できないでしょうが、パートナーともっと濃密な時間を楽しみたいのに、濡れにくくなったと困っている方にはおすすめです。
そのまま痛みを我慢しながら性行為を続けているとセックスが苦痛でしかなくなり、更に不感症は悪化していってしまいます。
パートナーとの関係を保つためにも試してみてはいかがでしょう。

女性用バイアグラのラブグラには副作用がある?

ラブグラは、女性用バイアグラの1つです。ラブグラには男性用のバイアグラと同じシルデナフィルと呼ばれる、血管拡張を促す成分が含まれています。
パートナーとのセックスの前に1錠飲むことで、膣や外陰部への血の巡りが促進され膣内が湿潤するとともに外陰部への刺激も高まり、不感症の女性でも刺激を感じやすくなります。
特に、女性は更年期に差し掛かると書性ホルモンの分泌が減少してしまうため、膣の潤いが不足しがちです。
そのため、セックスの頻度も少なくなってしまい、夫婦間でのセックスレスとなってしまうことも珍しいことではありません。
ホルモン療法で不感症の改善を図ろうとするのはとてもハードルが重いように感じられますが、ラブグラは医療機関に行かずとも感度を改善させることが可能なので、多くのカップルから絶大な支持を得ています。
しかし、そんな夢のような薬である女性用バイアグラのラブグラですが、少しの副作用があります。
ラブグラに含まれているシルデナフィルが血管拡張を促進する効果により、血圧が低下してしまうことで頭痛が起こったり、顔がほてったりしてしまう例が報告されています。
ですが、重症化する例はほとんどなく、用法や容量をきちんと守れば、効果が少なくなっていくうちに自然と副作用も治ります。
しかし、使用に関して気を付けなければいけないことがあります。
それは、狭心症の治療薬などとして使われる、ニトログリセリンなどを含む薬と併用してはいけないということです。
ラブグラはニトログリセリンを含む薬と同じような作用をするため、二つを併用してしまった場合、急激な血圧の低下を招く恐れがあります。
また、妊娠中や授乳を行っている女性は、子供への悪影響が考えられるため、使用してはいけません。